仙台大学柔道部員の日常が覗ける柔道部ログはこちら!

(部員もスタッフもせっせと更新中!)

【TOPICKS】

全日本学生柔道体重別選手権大会

コーチの川戸です!

 

2019928日・29日の2日間にわたって全日本学生柔道体重別選手権大会が秋田県立武道館で開催されました.

本学からは,男子6名,女子22名の合計28名が出場しました.

この大会は,例年日本武道館で開催されておりましたが,東京オリンピック・パラリンピックの開催に伴う改修工事のため,本年度は秋田県にて開催されることとなりました.

 

本学学生の結果は以下のとおりです.

【男子】

66kg級 須藤一積(現武4) 初戦敗退

岡澤真太郎(現武2) 初戦敗退

73kg級 久保田優希(現武4) 初戦敗退

平塚史也(体育4) 初戦敗退

100kg級 田森暁士(現武2) 初戦敗退

100kg超級 田嶋伸一(現武2) 初戦敗退

 

【女子】

48kg級 山口かなえ(現武4) 第5位

江藤花奈(現武2) 2回戦進出

東川芽生(子ども2) 初戦敗退

52kg級 笹原優希(現武4) 初戦敗退

西田優紀(現武2) 初戦敗退

石島青空(現武1) 初戦敗退

對馬みなみ(現武1) 第3位

57kg級 飯塚亜美(現武4) 初戦敗退

亀井奈々(現武3) 初戦敗退

米屋愛羅(現武2) 2回戦進出

佐久間絵里香(体育1) 初戦敗退

中川彩純(現武1) 初戦敗退

63kg級 高橋仁美(体育4) 第5位

巣山栞里(現武3) 初戦敗退

柳 涼香(現武1) 3回戦進出

70kg級 遠藤沙季(現武3) 初戦敗退

神保朱季(現武2) 初戦敗退

渡部樹音(子ども2) 初戦敗退

藤本愛花(現武1) 初戦敗退

78kg級 土佐真紀子(現武3) 第5位

78kg超級 廣谷姫奈(現武3) 第3位

施 念一(子ども2) 2回戦進出

 

本大会では2名の選手が3位入賞を果たしました.2名以上の入賞は4年ぶりとなります.

また昨年は入賞者1名でしたが,今年は昨年の結果を上回ることができました.

入賞者を輩出できた一方で,全国大会の壁に阻まれた選手も見受けられました.

来月には全日本学生柔道体重別選手権大会を控えておりますので,引き続き余念無く稽古を続けていきたいと思います.

 

ご声援をいただきまして誠にありがとうございました.

全日本ジュニア柔道体重別選手権大会

コーチの川戸です!

 

更新が滞っており,失礼いたしました.

9月14日・15日に開催された表題の大会には,山口かなえ(現武3),遠藤沙季(現武3),田嶋伸一(現武2)の3名が出場しました.

 

それぞれ結果は,以下のとおりでした.

山口かなえ・・・3回戦進出

遠藤沙季・・・初戦敗退

田嶋伸一・・・初戦敗退

 

各々の反省点はあるものの,総括すると”次につながる”試合となったのではないかと思います.

 

さて,”次”の試合は9月28日から行われる全日本学生柔道体重別選手権大会です.

この大会は,個人戦で戦うインカレとなっております.

皆様からの温かいご声援を心よりお待ち申し上げております!

よろしくお願いいたします!

 

東北学生柔道体重別選手権大会

コーチの川戸です!

 

 

8月31日・9月1日の2日間に渡って表題の大会が秋田県立武道館において開催されました.

結果は以下の通りです.

 

66kg級第3位   須藤一積/岡澤真太郎

73kg級準優勝   久保田優希 第3位 平塚史也

90kg級第3位   加藤蓮

100kg級第3位 田森暁士

100kg超級優勝 田嶋伸一

 

48kg級優勝    山口かなえ 準優勝 東川芽生 第3位 江藤花奈

52kg級優勝    對馬みなみ 準優勝 石嶋青空 第3位 笹原優希/西田優紀

57kg級優勝    飯塚亜美  準優勝 亀井奈々 第3位 佐久間絵理華/米屋愛羅

63kg級優勝    高橋仁美  準優勝 巣山栞里 第3位 柳涼香

70kg級優勝    遠藤沙季  準優勝 藤本愛花 第3位 神保朱季/渡部樹音

78kg級優勝    土佐真紀子 準優勝 第3位 佐藤怜/遠藤遥

78kg超級優勝   廣谷姫奈  準優勝 施念一  

 

上記の結果のうち,78kg級においてはインカレ出場枠が2つのため第3位に入賞した2名は全国大会に進むことができません.また57kg級においては,出場枠が5名であったため代表決定戦が行われました.

その結果,中川彩純が代表権を獲得しました.

 

 

総勢30名の選手が全国大会へ駒を進めることとなりました.

全国大会は9月末に同じく秋田県立武道館で行われます.

(日本武道館改修工事のため)

 

引き続き温かいご声援を頂戴できますと幸いです.

よろしくお願いいたします!

 

【速報】東北学生柔道体重別選手権大会

コーチの川戸です!

 

本日(2019年8月31日),表題の大会が秋田県立武道館において開催されました.

男子の結果を報告いたします,

本大会の結果,7名の選手が全日本学生柔道体重別選手権大会(インカレ)に出場いたします!

一昨年の8名に次ぐ,人数がインカレに出場できることとなりました.
また,昨年は4名のみの出場にとどまりましたので,今年度はほぼ倍増する結果となりました.

 

ご声援を頂きまして誠にありがとうございました.

 

 

本日は100kg超級で田嶋伸一(現武2)が優勝を果たしました.

田嶋は2連覇達成です!本年度,田嶋は学生・ジュニアの大会では連勝をし続けておりますが,本大会でも実力を遺憾なく発揮してくれました.来月の全日本ジュニアおよび全日本学生に弾みのつく優勝だったと思います.

 

明日は,女子個人戦と男子団体戦が行われます.

皆様のご期待・ご声援に応えられるよう,また学生自身の目標を達成できるよう,サポートしてまいります.

引き続きの応援,何卒よろしくお願い申し上げます.

 

 

前期終了・・・東北学生に向けて

コーチの川戸です!

 

8月2日(金)をもって柔道部としての前期の活動を終え,自主トレ期間となりました.

またこの日,台東大学から留学生(ダブルディグリー),荘琇茹のフェアウェルパーティーを行いました.

 

 

そして8日(木)には前期の試験がすべて終わり,柔道部は一時解散となりました.

12日から再始動ということで,また稽古に励んでいます.

世間はお盆休みということで,「お盆まで部活をするのか!」,「休みはないのか!」とお考えの方もいらっしゃるかと思います(近年の世論をみていると当然のご指摘かと思います).

 

確かに世間の流れに同調することも非常に大切だと思います.

 

一方で,私たちはアスリートの集団です.

私たちの大きな方向性として,ひとつには,競技力の向上とそれに伴う成績の獲得が挙げられます.

(そればかりを目指しているわけではありませんが!)

 

月末に東北学生柔道体重別選手権大会および東北学生柔道体重別団体優勝大会を控えている中で,

休息と稽古のバランスを考えると,12日から動き出すことが適切だと考えました.

 

学生がアスリートでいられる期間は,長いようで短いです.

その間でいかに効率よく目標を達成するかを考えたときには,

世間の流れや常識から離れてしまうこともあるかと思います.

 

これを「非常識だ!」「ブラックだ!」と批判することは簡単ではありますが,

私たちは私たちの目標に一歩でも近づくための合理的な判断に基づいて行動している

・・・と考えています.

 

 

 

何が言いたいかというと,「温かく見守ってね」ということです.

無理・無茶・無駄をしないように心がけて行動しておりますので,

どうか温かく見守ってください!!

 

【報告】個別分散合宿が行われました!

コーチの川戸です!

 

 

2019年7月18日(木)~20日(土)の3日間,個別分散合宿が本学で実施されました.

今回お越しいただいたのは,世界柔道選手権2019東京大会の日本代表,芳田司選手(57kg級)と田代未来選手(63kg級),さらに芳田真選手と西願寺里保選手(いずれもコマツ)が来学しました.

初日には,女子監督である増地克之先生(川戸の恩師)にもお越しいただきました.

稽古では,南條先生(前女子代表監督)と増地監督がそろって指導にあたる姿も見受けられ,感慨深いものがありました.

 

 

さて,合宿が実施された3日間は非常に蒸し暑い気候となっていました.

本学の道場にはエアコンが設置されていないので,タフな環境の中での稽古になりました.

その中でも高い集中力を発揮して稽古に取り組んでいたのが印象的でした.

詳細は割愛しますが,選手自らの課題についても指導者たちから幅広く意見を聞きながら,稽古に取り組む姿も非常に印象的でした.

 

まさに私たちが日ごろから目指している「自立した選手」「セルフ・コーチングができる選手」の理想像を見ることができました.このような選手とともに稽古できたことは本学の選手にとっては大きな財産になったと思います.女子の選手はもちろんのこと,稽古に参加した男子の選手にとっても学ぶことが多かったと思います.

 

全日本ジュニア柔道体重別選手権大会東北予選 報告

コーチの川戸です.

 

7月7日(日)に表題の大会は八戸市体育館(青森県八戸市)で開催されました.

本大会に,本学から4名の選手が出場しました.

 

 

結果は以下の通りです.

 

48kg級  山口かなえ(現武3)・・・優勝

70kg級  遠藤沙季(現武3)・・・優勝

66kg級  岡澤真太郎(現武2)・・・1回戦敗退

100kg超級 田嶋伸一(現武2)・・・優勝

 

 

出場者のうち3名が優勝を果たし,全日本ジュニア柔道体重別選手権大会への出場を決めました.

ご声援いただきまして誠にありがとうございました.

 

 

 

 

この大会で感じたことを少し述べますと・・・

本学の選手に限らず,普段の稽古で取り組んでいる動きや技を発揮すること,また発揮きるように工夫をすることができる選手には自ずと結果が付いてくると感じました.

普段の稽古で取り組んでいることは,すなわち自分の”強み”であり,”特徴”であり,選手自身の”本質”と言えます.

 

大切な試合や場面を「正念場」と言いますが,この試合は全国大会に向けての大切な試合,まさに「正念場」でした.

「正念」とは,元々は仏教の言葉で,本質をあるがままに追い求めることを指します.

自分の本質を追い求め,それを発揮できるような選手が勝利を手にしたと感じます.

 

自分の強みとは?特徴とは?そして本質とは?

これらを考えられる自立した選手の育成・・・

これまで,そしてこれからも,選手の自立を促し,支えてよりよいアスリート育成に努めます.

 

 

全日本学生柔道優勝大会 結果報告

コーチの川戸です!

 

 

6月22日(土)〜23日に表題の大会が日本武道館で行われました.
大学柔道は3回,全国大会が開催されます.

今回は”優勝大会”ということで,男子は7人制(体重無差別),女子は5人制(階級制)の団体戦に出場しました.

 

結果は,男女ともに初戦敗退となりました.

ご声援いただきまして誠にありがとうございました.

 

男子について述べると,次鋒で出場した田嶋伸一(現武2)が内股巻込で技有を奪取して勝利を収めるなど今持てる力は出すことができたかと思います.しかしながら,普段の稽古から指摘している課題が試合中に発現している選手もおり,さらなる課題改善の取り組みを進めていくこととします.

 

一方女子について述べると,素根輝選手を要する環太平洋大学に2-3と惜敗しました.

先鋒・次鋒を立て続けに勝った流れに乗りたいところでしたが,逆転を許し敗戦しました.

 

優勝は男女ともに東海大学さんでした.誠におめでとうございます.

 

 

私なりに,東海大学さんの強みを分析しました.

その強みは・・・「組織力」にあると考えます.

選手の層の厚さもさることながら,やはりそれを支えるコーチ陣と学生スタッフが質・量ともに充実している点が最大の強みと考えます.本学も南條充寿部長を筆頭に4名の指導体制を敷いていますが,東海大学さんには及びません.

この差を埋めるために・・・

ひとつは私たち指導者の資質能力を高め続けることが求められます.

一方で,選手たちには現状に満足しない探究心・好奇心・向上心をもてるようにサポートしていきたいと考えています.自分を省みながら,柔道に臨む選手,「セルフ・コーチング」できる選手の育成を目指します.

 

本HPをご覧の皆様,引き続きご支援・ご声援のほど宜しくお願い致します!

東北学生柔道優勝大会で男女同時優勝を果たしました!

コーチの川戸です.

 

 

2019年5月19日(日)に表題の大会が宮城県立武道館で行われました.

この試合は,6月に日本武道館で開催される全日本学生柔道優勝大会の予選に位置づく大会です.

 

結果は,3年ぶりの男女同時優勝を果たすことができました!

(”アベック”という表現がキライなので,”同時”とさせてください!)

 

女子は,15年連続の優勝で,現在の制度(階級制限のある5人制)になってから13連覇となりました.

これまでの卒業生の方々が積み上げてきた歴史に新たなページを付け加えることができました.

 

一方男子は,3年ぶり3度目の優勝を果たすことができました.

現在の指導体制となってから初めての優勝です.

 

大会当日は,多くの卒業生が来場し応援してくれました.

皆さんの応援が選手達に力を与えてくれました.ありがとうございました.

 

 

優秀選手として荒川海渡(現代武道4),飯塚亜美(現代武道4),笹原優希(現代武道4),田嶋伸一(現代武道2)が選出されました.いずれも大いに活躍してくれました.今後の活躍にも期待しています.

 

 

さて,次は全日本学生柔道優勝大会が待っています.

男女ともにこれまでの成績を上回れるよう,先輩方が紡いできた歴史を塗り替えられるよう,万全の準備を整えて臨みたいと考えております.

今後もご声援のほど,宜しくお願い申し上げます.

 

 

 

新チームが活動を始めました!

お久しぶりです.コーチの川戸です.

 

今年も多くの仲間を迎えて,新年度を迎えることができました.

まずは,私どもに大切なお子さんを預けていただいた保護者の皆様に感謝を申し上げます.

 

 

今年は,18名(男子6名/女子12名)が仲間に加わりました.

ここ数年では最多の人数だと思います(監督談).男女ともに全国各地から,集まってくれました.

 

 

仙台大学に進学してきた目的,競技・学業面・将来の目標,現在の競技力・学力・・・まさに十人十色かと思います.

まずは,大学生活に慣れること,そしてそれに続いて自分の目指すべき方向性を確立してほしいと思います.

私たち指導陣はそのサポートを精一杯させていただきます.

 

チームとしては,目標は高いところに掲げていますし,そのための準備に抜かりなく勤めています.

しかし,個人個人の目標が同じでいいとは限りません.

むしろ学生それぞれに適した目標を見つけ,設定できた方がいいと私は考えています.

仙台大学での4年間が,学生の人生の中で”特別な4年間”となるようにサポートしていきます.

 

 

人生を切り開くのは私たち教員ではありませんし,ましてや保護者の皆さんでありません.

学生が自主的に大学生活・進路選択・人生設計を行えるように,応援していただけますと幸いです.

どうぞ今後ともご支援・ご声援をいただけますと幸いです.

新入生ともども,仙台大学柔道部を宜しくお願いいたします.

 

 


【次回大会日程】

 8月31日から9月1日にかけて,秋田県立武道館において,

東北学生柔道体重別選手権大会および東北学生柔道体重別団体優勝大会が開催されます.

今年は全国大会(インカレ)が秋田県開催ということで,

全国大会への出場枠が拡大されており,例年以上に白熱した戦いが期待されます.

 

また19日からハンガリーのクラブチームが来学されます.