仙台大学柔道部員の日常が覗ける柔道部ログはこちら!

(部員もスタッフもせっせと更新中!)

<TOPICKS!>

ハンガリー代表が来学しました。

平成30年5月30日より、ハンガリー代表が仙台大学に来ていただきました。

今回、来学していただいたのは、

 

KARAKAS Hedvig 選手

PUPP Reka 選手

CIRJENICS Miklos 選手 

 

さらに、

BRAUN Akos コーチ

 

の合計4名です。

いずれの選手も、世界の舞台で活躍している”トップアスリート”です。

コーチも、2005年の世界選手権を制した元”トップアスリート”です。

彼らの来訪に、本学の学生たちはとても刺激を受けています。

 

特に1年生は、海外の柔道選手と組み合うのが初めてという学生が多く、学ぶものが多いのではないでしょうか。

 

平成30年度 国民体育大会宮城県予選

平成30年5月27日、掲題の大会が宮城県武道館にて行われました。

試合の結果はこちらから!

 

5月は県ジュニアにはじまり、東北学生優勝大会、国体予選と試合が盛りだくさんの1ヶ月でした。

そして6月は全日本学生柔道優勝大会があります。

男女とも、万全の準備をして望めるようスタッフもサポートして参ります。

ご声援いただけますと幸いです。

 

 

平成30年度 河北新報旗争奪 東北学生柔道優勝大会

平成30年5月20日、掲題の大会が宮城県武道館にて行われました。

試合の結果はこちらから!

 

本大会は学生大会であることから、学連所属学生が主体となって大会の運営を行いました。本学からは、高橋仁美(体育3)が司会を務めるとともに、鹿内一斗(現武3)が式典進行(閉会宣言)を行うなど、運営にも積極的に携わらせていただきました。

また、大会運営にご尽力いただいた東北学生柔道連盟の先生方には、この場を借りて厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。

 

 

また、本日の優秀選手に選出された遠藤直弥(現武4)に全日本学生柔道優勝大会に向けた意気込みを話してもらいました。

宮城県ジュニア柔道体重別選手権大会!

平成30年5月13日(日)、掲題の試合が宮城県武道館にて行われました。

試合の結果はこちらから!

 

新入部員の紹介を掲載しました!

部員紹介のページに本年度の新入部員を掲載しました。

部員紹介のページはこちらから。

新年度始動!

新入生が加入して2018年度のチームが動き始めました!
ラントレの聖地(!?)として多くの仙台大生から崇められている船岡城址公園にて、満開の桜の下で集合写真を撮影しました。
ハンガリーからの修行者(Csaba Szabó)も一緒に写っております!



今年の新入生は女子12名、男子5名の17名とかなりの大所帯になりました。
部内での競争が激しくなりますが、その分、協働も生まれることでしょう。
仙台大学柔道部は、ますますダイバーシティな組織になっていきます。
みんなの個性を、お互いに認め合えるチームになれるといいですね^^


さて、今年度、指導陣は以下の通りの体制となります。
部 長 :南條 充寿(男子監督兼任)

副部長 :高橋 亮

女子監督:南條 和恵
コーチ :川戸 湧也
みんなで力を合わせて、学生のさらなる成長を支援していきます。


では、今回はこの辺で。
新入生の紹介は、また改めてさせていただきます。

<次回大会日程!>

6月23日・24日全日本学生柔道優勝大会

7月8日東北ジュニア柔道体重別選手権大会

 

学生柔道界のメインイベントのひとつ、全日本学生柔道優勝大会が日本武道館で開催されます。

昨年は、女子はベスト8に進出しましたが、今年はより高みを目指すべく、準備を進めております!

昨年以上に闘志あふれる仙台大学柔道部をお見せできるよう、残された時間で最大限努力してまいります。

 

<新着情報>

トーナメント抽選会を受けて、初戦の相手が決定いたしました。

男子は、國學院大学さんと対戦いたします。

女子は、徳山大学さんと対戦いたします。

 組み合わせの詳細は、全日本学生柔道連盟Webサイトをご確認ください。